間取り図

理想の家に近づけるなら注文住宅を依頼しよう

どこでも家は建ちません

間取り

建築できないことも

藤沢で一戸建てを購入するときには、土地の形状や道路との関係も確認しておく必要があります。大規模に開発されている物件ならば、開発地域の中に道路を作って各々の家が必ず一定の幅を持った道路に面しているので問題はありませんし、土地の形も正方形や長方形など整備した形になっています。ですが開発規模が小さい物件や既成市街地内の土地を購入するとき、その土地の形や位置的な関係でそこに建てられる建物に対して、規制が出てくることが少なくはありません。藤沢市でも道路に面していないために、建物の広さに規制がかかっているところがあります。建築基準法では幅4m以上の道路に2m以上接している敷地でなくては、家を建ててはならないことになっています。現実的には幅3mの道路にしか面していない土地も藤沢には多くあります。

アドバイスをもらいながら

直接道路に面していない敷地では、路地状の部分を確保して建物と道路との間に道を確保する必要が出てきます。この部分は敷地の面積にカウントすることができますが、その分の土地の代金も支払わなければならないことになってしまいます。この路地状の部分を確保しなければ、家を建築することはできません。一戸建て住宅を建築しようと土地を探している藤沢の人も多くいますが、建築基準法によって、家が建てられない土地も存在しているということをよく覚えておきましょう。自分一人の判断で購入することなく、建築する専門業者や不動産屋さんなど法律をよく知っている、専門家にアドバイスをもらいながら安心して家が建築できる土地を探すようにしてください。